紅茶の種類

ダージリン

インドのダージリン地方は東ヒマラヤ山麓に位置し、
茶樹は標高2,000mの高地から急峻な谷底に至る斜面に
植えられています。
日中の直射日光と夜間の低温による寒暖差で発生する霧が、
独特の味と香りをつくり出す条件となっています。
「紅茶のシャンペン」とも称されるダージリンは、
水色は薄いながらも格別な香味をもっているため、
世界三大紅茶のひとつとして数えられています。
ファーストフラッシュ(一番摘み)
3〜4月の時期の収穫量は少なく高値で取引されます。
力のある香味をもっています。ストレートティーで味わいます。
セカンドフラッシュ(二番摘み)
5〜6月に収穫される葉は多少しっかりしてきて、
加工されると外観も茶褐色となる。
味・コク・香りともに一年中で最も充実しており
最高級品となります。
味はやや渋みが増し、コクもあり、「マスカット・フレーバー」と呼ばれるさわやかな香りは格別です。
オータムナル(秋摘み)
10〜11月、雨期の後の乾燥期には茶葉も厚くしっかりとして、
味には渋みも加わります。

アッサム
インド北部産。水色は澄んだ濃い目の紅色でミルクティーに
適しています。甘い芳醇な香気を持ち、くせが無く、
渋味も弱いがこくのある濃厚な味が特徴です。

ウバ
スリランカセイロン島南東部で生産されます。
水色は明るい鮮紅色で優れ、ティカップに注いだときに
見られる、内側の縁に浮かびあがる金色の輪は、
ゴールデンカップと呼ばれています。
好ましい刺激的な渋味を伴う芳醇な風味と、一般に薄荷に似た、ときに甘い花のような香気を持ちます。
飲んだときメントール香を感じられるものが高品質とされています。
濃い目のミルクティーに適しています。三大銘茶の一つです。

祁門紅茶(キーマン)
蘭の香りに喩えられる微かなスモーキーさを漂わせ、
味わいは渋みが少なく糖蜜のような甘さを持っています。
三大銘茶の一つです。
中国産の紅茶は、茶葉が細かく砕かれていない、燻製のような
香り、渋味が出にくい、という特徴があります。
また、他の香りを吸着しやすい特徴があるとされ、
アールグレイなどの香りをつけた紅茶は、中国産の紅茶を
利用している場合が多いです。


世界三大紅茶セット

紅茶の道具

紅茶の道具

ティーポット
紅茶を美味しく抽出する上で重要なジャンピングが
起こりやすいのが良いポットの条件です。
ほぼ球体に近いボディで、最低でも350cc以上の容量が
あること。
丸い容器だと、お湯を注いだときに対流が簡単に起こり、
その対流が起こるには350cc以上の湯があるのが
理想的な為です。
陶磁器のものが、一番保温性があるようです。
鉄製のものは、鉄とカフェインが結合して、黒ずんで味が
悪くなるのでやめておいたほうがいいでしょう。
茶こしがついていると、茶渋や汚れがこれに付着して、
紅茶の味や色を悪くしてしまうので、良くありません。

やかん
お湯を沸かすやかんは、鉄製の物以外なら問題はありません。鉄製だと、鉄分がお湯に溶けだして紅茶を黒ずませてしまいます。ティーケトルという小型のやかんだと、一回に沸かすお湯が加減しやすく、すぐに沸騰します。

ティーストレーナー
紅茶をカップに注ぐときに、お茶葉をこすもの。
回転式のものと、受け皿と分離するタイプのものがあります。

ティーカップ
紅茶を飲むための入れ物。マグカップでも何でも、
気に入ったものを選んでください。
耐熱性であることに注意して下さい。

ティーコジーティーマット
ティーコジーはティーポットの保温カバーのような物。
マットは底から冷えやすいので、それを防ぐために敷く物です。

ティーメジャースプーン
お茶葉を計るためのスプーンです。

Eurasia ティーキャニスター

お茶葉を保存する密閉容器です。ガラスや陶磁気性のものが
最適です。

砂時計
蒸らす時間を計る時計です。
タイマーでも代用可能です。




紅茶の入れ方レシピ

紅茶の入れ方 レシピ

ストレートティ入れ方
1、汲みたての水を火にかけ、しっかり沸騰させる。
2、ポットにお湯を入れ、温めておく。
3、茶葉はティースプーンに軽く山盛りにして、
入れる杯数分だけポットに入れる。
4、十分沸騰したお湯を茶葉を入れたポットに杯数分注ぎます。
5、ポットのフタをして、3分程度蒸らします。
6、茶こしを使ってカップに紅茶を注ぐ。


アイスティー入れ方
1、水をしっかり沸騰させます。
2、ポットにお湯を入れ、温めておきます。
3、ポットのお湯を捨て、ポットにティースプーンで計って
茶葉を入れます。。
4、茶葉を入れたポットに、十分沸騰したお湯を杯数分の
半分量注ぎ、濃いめの紅茶を作っておく。
5、ポットのフタをして、2分前後蒸らします。
6、グラスに、たっぷり氷を入れます。
7、氷が入ったグラスに、濃く入れた熱い紅茶を一気に注ぐ。


ミルクティー 入れ方
1、牛乳と水をそれぞれ半分ずつ用意します。
(4杯分作るときは、牛乳と水を2杯ずつ)
2、茶葉をティースプーンにできるだけ大山盛りで2杯
小カップに計っておきます。
3、沸かしたお湯を葉がひたひたになる程度入れ、茶葉を蒸らします。紅茶を注ぐカップにもお湯を入れ、温めておく。
4、牛乳と水を手鍋に入れ、沸騰寸前まで温めます。
5、茶葉を浸したお湯ごと手鍋に入れます。
6、すぐに手鍋を火から下ろし、フタをして、3〜4分蒸らします。
7、茶こしを使って、手鍋から紅茶をティーポットに移し替えます。
8、ティーカップに注ぐ。

紅茶シフォンケーキレシピ

紅茶んシフォンケーキ レシピ

薄力粉:65g
ベーキングパウダー:3g
紅茶茶葉:3g
紅茶:50cc 
卵白:4個分
グラニュー糖:40g

卵黄:3個
グラニュー糖:30g
サラダ油:50cc

生クリーム(お好みで)

1、薄力粉とベーキングパウダーと紅茶の葉を合わせて、ふるいにかける。
2、濃い紅茶を作って、冷ましておく。
3、卵黄にグラニュー糖を加えて白っぽくなるまで、泡立てる。
4、サラダ油を少しずつ加えながら、 よく混ぜる。
5、冷ました紅茶を少しずつ加えて混ぜる。
6、ふるっておいた紅茶葉入り薄力粉を加え混ぜ合わせる。
7、卵白にメレンゲ用のグラニュー糖を加え、しっかり泡立てて、
  メレンゲを作る。
8、メレンゲ1/3を加え混ぜ合わせる。
9、残りのメレンゲを加え、泡を潰してしまわない様に混ぜ合わせる。
10、型に流し入れて、170度のオーブンで約30分焼く。 
11、充分に冷めてから、型に沿ってナイフを入れ型から外す
12、お好みで、生クリームを添える。 

紅茶シフォンケーキ、結構簡単に出来ますよ。
紅茶の良い香りがして美味しいですよ。

紅茶クッキー レシピ

紅茶クッキー レシピ

直径5cmの型 約30枚分

紅茶:大2(約10g)
水:100cc

薄力粉:300g
サラダ油:30cc
卵:2個
グラニュー糖:150g
紅茶:大3(約15g)

1、紅茶と水を鍋に入れて沸騰させ、中火で2分間煮出す。
2、茶こしで茶葉を取り除き、30cc分だけ計り取って
冷ましておく。
3、卵をボウルに入れ、砂糖を加え、泡立て器でよくかき混ぜる。
4、サラダ油、紅茶を加え、混ぜる。
5、紅茶を、手ですりつぶしながら加える。
6、別のボウルを用意し、薄力粉とベーキングパウダーを
合わせてふるう。
7、3を入れ、さっくり混ぜる。
8、ラップで包み、室温で30分〜1時間ねかせる。
9、生地を2〜3mmの厚さにのばして型抜きする。
10、天板に並べ、180℃に温めたオーブンで15〜20分焼く
当サイトは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、個人を特定する情報を除いた当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報のみを使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。