紅茶の種類

ダージリン

インドのダージリン地方は東ヒマラヤ山麓に位置し、
茶樹は標高2,000mの高地から急峻な谷底に至る斜面に
植えられています。
日中の直射日光と夜間の低温による寒暖差で発生する霧が、
独特の味と香りをつくり出す条件となっています。
「紅茶のシャンペン」とも称されるダージリンは、
水色は薄いながらも格別な香味をもっているため、
世界三大紅茶のひとつとして数えられています。
ファーストフラッシュ(一番摘み)
3〜4月の時期の収穫量は少なく高値で取引されます。
力のある香味をもっています。ストレートティーで味わいます。
セカンドフラッシュ(二番摘み)
5〜6月に収穫される葉は多少しっかりしてきて、
加工されると外観も茶褐色となる。
味・コク・香りともに一年中で最も充実しており
最高級品となります。
味はやや渋みが増し、コクもあり、「マスカット・フレーバー」と呼ばれるさわやかな香りは格別です。
オータムナル(秋摘み)
10〜11月、雨期の後の乾燥期には茶葉も厚くしっかりとして、
味には渋みも加わります。

アッサム
インド北部産。水色は澄んだ濃い目の紅色でミルクティーに
適しています。甘い芳醇な香気を持ち、くせが無く、
渋味も弱いがこくのある濃厚な味が特徴です。

ウバ
スリランカセイロン島南東部で生産されます。
水色は明るい鮮紅色で優れ、ティカップに注いだときに
見られる、内側の縁に浮かびあがる金色の輪は、
ゴールデンカップと呼ばれています。
好ましい刺激的な渋味を伴う芳醇な風味と、一般に薄荷に似た、ときに甘い花のような香気を持ちます。
飲んだときメントール香を感じられるものが高品質とされています。
濃い目のミルクティーに適しています。三大銘茶の一つです。

祁門紅茶(キーマン)
蘭の香りに喩えられる微かなスモーキーさを漂わせ、
味わいは渋みが少なく糖蜜のような甘さを持っています。
三大銘茶の一つです。
中国産の紅茶は、茶葉が細かく砕かれていない、燻製のような
香り、渋味が出にくい、という特徴があります。
また、他の香りを吸着しやすい特徴があるとされ、
アールグレイなどの香りをつけた紅茶は、中国産の紅茶を
利用している場合が多いです。


世界三大紅茶セット
当サイトは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、個人を特定する情報を除いた当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報のみを使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。